相続税がかからない生前贈与とは?

被相続人が生きているうちにのみ取れる相続税対策

生前贈与というのは、被相続人となる人がまだ生きている間にのみ取れる相続税対策のことです。単純に毎年贈与を繰り返していくだけなので、特別難しいということもありません。
ただ、年間110万円以上の贈与を受けた場合には別途贈与税というものがかかってくるので、その点にだけは気をつけておくべきですね。税金を軽減するために行っているわけですから、贈与税がかかってしまっては意味がありません。
年間110万円でも、数年続ければかなり大きな金額になります。効率的に相続財産を減らしていけるので使い勝手はいいはずです。しかし、あまりにも露骨にやり過ぎると、相続とみなされるケースもあります。きちんと契約書を作って、贈与だということを証明できるようにしておくのが望ましいです。

現金以外の財産も生前に譲渡しておくのがベスト

生前贈与は、基本的には現金にておこないます。それがもっとも簡単かつ分かりやすい方法だからです。被相続人の口座から、相続人の口座に振り込みをすればそれで終わりです。楽なことはこの上ないわけです。
しかし、財産の多くが現金ではないというケースも少なくはありません。たとえば不動産が相続財産になってしまうことは多いわけですね。その際にも、生前贈与というものは有効に使える手段となります。被相続人が生きているうちに、不動産の権利を譲渡してしまうのです。値段が大きいと贈与税がかかりますが、相続税と比較をして安ければいいわけです。計算をしてみてお得なら、権利譲渡をしてみるのもいいでしょう。ただ、基準価格が3000万円以下になるなら相続をすれば税金は発生しないので、譲渡するだけ無駄ということになるケースもあるので注意しましょう。