相続税に適した税理士の選び方

事務所のホームページをしっかり調べる

インターネットで調べると多くの税理士事務所が見つかりますが、選び方で失敗しないように判断するポイントを知っておきましょう。まずどのぐらいの相続税申告を年間に経験しているかは、税理士選びで重要です。経験が豊富な弁護士は小規模宅地の適用や、土地評価の規定といった複雑な内容も熟知しています。相談の実績ではなく申告であることが大事です。
次に気になった税理士事務所が見つかれば、その名前でもう一度検査しましょう。他のホームページで税理士専門とは違うページを作っている可能性があります。一方で税理士専門といいながら、他のページでは医業専門といっているケースも多いです。相続に関連する書籍を出している場合は、相続税についての知識が深いのか見抜く基準にできます。

トータルの費用の内訳についても調べる

相続税を申告する場合に、トータルで費用がいくらくらいになるかチェックしましょう。相続税の納税額は税理士事務所によって差があるので、税理士の報酬が安すぎる場合には注意が必要です。ホームページで具体的な報酬を開示しているか調べてみましょう。
このようなポイントに注意して税理士を探すことで節税が目指せます。手続きの経験が豊富ならば、ノウハウも多いので仕事がスムーズで早いです。また、専門の税理士にお願いすれば税務調査が入ってくる可能性も低くなります。適正な申告書が作られることによって、調査リストから除外することが多くなるためです。気になった税理士事務所があれば、まずは話だけでも聞いてみることをおすすめします。