相続税ってそもそも何?

相続財産の受け渡しにかかる税金のこと

相続税というのは、相続財産の移転時にかかってくる税金のことです。親から子への多額のお金の受け渡しに税金をかけるのは、税収アップのためでもありますし、格差解消のためでもあります。資産家の子がまた資産家になるというサイクルは、放置しておけば格差拡大の一因となります。大きな資産を受け取る人には、多額の税金をかけて、富の再分配をしようという制度主旨なわけです。
ですから、親がそう多くの資産を残さない場合には、相続税はあまり気にする必要はなくなります。具体的に言うと、基礎控除が3000万円あるので、それ以下の資産しか親が残してくれないなら、相続税の発生はありません。税金が発生しないのですから、もちろん申告の必要性もゼロです。

相続税を安く抑える秘訣とは?

相続税を安く抑えるためのテクニックは、実はいくつか有効なものがあります。まず一つ目が、生前贈与ですね。これは、相続が開始するずっと以前から始めることのできる対策方法になります。親が子に、毎年110万円の範囲内で資産の譲渡を行っておけば、最終的に相続をすることとなる資産の総額は減らせます。相続税は資産の総額に税率をかけて算出されるものですから、資産総額が減れば減るほどに安くなっていきます。非常にシンプルな理屈で、しかも手軽にできる対策方法の一つになります。
まずは生前贈与をフル活用して、その後さらに相続税を安くするためにはどうすればいいのか考えて行くこととなります。もちろん、生前贈与のみで3000万円以下の資産総額にできれば、それ以上の節税行為は必要なくなります。