相続税がなくなる方法はあるの?

相続財産を減らせば相続税が発生しないこともある

相続財産の総額を減らせば、相続税が発生しなくなることはあります。基本的には、相続人が一人なら3600万円以下にしておけば相続税はかかってきません。相続税が発生しないということは、申告も必要がなくなるということです。そのまま被相続人からお金や不動産を受け取ればそれで手続きは終了するので簡単です。
では、どのように工夫をすれば相続財産の総額を減らせるのでしょうか。生前贈与を繰り返すというのは、代表的な手法の一つになることでしょう。生前に贈与をすれば、もちろんそれは相続ではないので、相続税の対象とはなりません。代わりに贈与税の対象となるのですが、年に110万円までなら贈与税すらかかってきません。この制度を上手く使えば、税金の支払いは免れるケースがあります。

相続の放棄をすると相続税はかからない

相続税というのは、相続によって出た利益に対して課税されるものです。ですから、そもそも相続をしなければ税金はかかってこないことになります。相続の放棄をすると、その人は最初から相続人でなかったという法的扱いになります。ですから、もちろん相続税はかかってきません。
しかし、相続の放棄はすべての財産について一括して行うのが原則とされています。この財産だけは相続をするけれど、この財産は相続しないと、個別に選択をすることはできません。放棄をするときには相続財産のすべてを放棄しなければならない点には注意が必要です。負債も財産の一種であって、これを相続したくない場合には放棄という手続きが取られることはあります。